スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもやぽえたん!!ステップワゴンRF-1タイベル交換

うーむ・・・
ついこの前まで夏だせヒャッホーなどと思ってたら
いつの間にか雪がちらついてるぜ!!
俺のサマーメモリーズはどこいったコンチクショウ!!
季節の変わり目が早く感じたら歳を取った証拠らしいんだぜ・・

さてさて、我が相棒のぽえたんなんですが
15万Km走行したにも関わらずタイミングベルトの
交換をしてなかったんだぜ!ごめんよぽえたーん・・
ってな訳でぽえたんのタイミングベルト交換したぜ!!

まず下準備としてオルタネーター、エアコンのコンプレッサー
パワステポンプの3本のベルトを外してから左側の
エンジンマウントを外しフライホイールを外します。

とまあ、文章では2行で終わるんだが・・
ステップワゴンの場合はまぁ手が入らないわ
ネジが固いわでこの2行がものすごく面倒で時間がかかるんだぜ

しょにょ1
タペットカバーを外したところだぜ

下準備が終わったらタペットカバーと
樹脂製のタイミングベルトカバーを外します


しょにょ2    しょにょ3

タイミングベルトが出てきたらクランクシャフトを回して1番シリンダーを上死点に持って行き
(後述するカムシャフトの穴とクランクシャフトの合わせマークが一致してればOK)
ベルトとプーリーに目印をつけます。


しょにょ4
カムシャフトの穴だぜ

1番シリンダーを上死点に持って行くとカムシャフトの穴が一致するので
そこに6mmの適当な金属棒を突っ込みます。
これはカムシャフトを正確な位置に合わせても、バルブスプリングの力で
手を離した途端くるんって回ってしまうためです。


しょにょ5
ボルトが付いてるのがテンショナーベアリング
その奥の歯車みたいなのがウォーターポンプだぜ


テンショナーベアリングのセンターボルトを緩めタイミングベルトを緩めてから
ベルトとウォーターポンプ、テンショナーを外します


しょにょ7   しょにょ8
取り外した3つの消耗品、上が新品で下が古い部品だぜ


古いベルトと新しいベルトを合わせて古いベルトに付けた目印を新しいベルトに移します。

ちなみにこの車は基本的に距離は走ってるけど高回転で酷使したりしていないので
古い部品も結構見た目は綺麗でした。(いや林道走って足回りや下回りは酷使してますがねw)

まあ通常タイベルやらポンプやらは10万キロ交換とは言っているが
「10万キロくらい走ったら切れる可能性がある」と言うだけで
部品自体の設計寿命は20万キロくらいと言われてますがね・・
ただ、だからといって切れない訳じゃないので素直に10万くらいで交換しようぜ
そして10万キロというのはあくまで目安であって10万いかないうちに切れる場合もあるので
要注意なんだぜ!!


しょにょ9
おにゅうのテンショナーとウォーターポンプ

古い部品を外したら新しい部品を取り付けます。
テンショナーはその名の通りタイミングベルトにバネの力で適切に張りを与える部品なので
そのままだとベルトを張れません。
なので一番ベルトが緩くなる位置に手で持っていきセンターボルトを仮締めして固定します。

ところで、タイミングベルトを交換する時は一緒にウォーターポンプとテンショナーを交換しろ
とよく言いますが・・ もうココまで来ればおわかりですね?
ポンプもテンショナーもベルトに付随する部品であり、消耗品だから
手間を考えると一緒に交換した方が確実で安上がりだからです

ちなみにウォーターポンプが壊れると冷却水が全部流れ出します
テンショナーが壊れるとタイミングベルトが切れます


しょにょ10
クランクシャフトの合わせマーク

交換する部品類を取り付けたら最後にベルトを掛けます。
カムシャフトは金属棒で固定されており動きませんので外すとき付けた目印を目安にベルトを掛けます。
目印はあくまでも目安なので、最終的にはクランクシャフトに刻んである合わせマークをしっかりと合わせて
ベルトを掛けます。
ちなみに、カムシャフトに掛けたベルトが外れやすいので大きめのクリップで固定すると
結構すんなりいきます。


しょにょ11
手でクランク回すのも結構しんどいぜ

ベルトを掛けたら仮締めしてたテンショナーのセンターボルトを緩めます。
そうするとバネの力でベルトが張るのでその状態でクランクを2回転ほど回します。
そして引っかかりとか無いか確かめた後センターボルトを固定します。


しょにょ12
もう塗装も剥げて見るも無惨なんだぜ

最後にタイミングベルトカバーとタペットカバーを取り付ければ完了です
タペットカバーパッキンには一部液体パッキンを塗布しなければなりませんので
古いのを剥がして新しい液体パッキンを塗ります。
後は補機類のベルトを掛ければOKです。


さて・・ベルト交換を終わりエンジンをかけてみると・・
あれ?一応エンジンは回ってるし走ることは走るけど、なんかおかしいぜ?
とりあえず交換後すぐに秋田に行く用事があったのでそのまま乗ってみると
なんか燃費が悪いぜ???

そんで後日もう一度バラしてみると、ベルトが一山ずれてたでござる orz
どうやら合わせマークを斜めに見てた為にずれたっぽいぜ。
いまはとりあえず調子は良いっぽいですがね、結論から言うと・・・

素直に車屋に頼んだ方が早くて確実で
そんでもって楽なんだぜクソァ!!!


・・・SSTとか工具代も掛かってるしね(シクシク)
スポンサーサイト

たかにゃ~~ん!!

最近寒くなってきましたねぇ・・
つーか、朝方2℃とかって、つい1ヶ月前は
半袖で過ごしてたのがウソの様だぜ!!

と言うわけで特にネタはないのでたかにゃんの整備日記でも・・


10102901.jpg

まずはタイヤ交換
あれ?おかしいなぁ・・去年換えたばかりなのに・・・


10102902.jpg

たった1年で(実際は暖かい時期だけ乗って)こんだけ減るとか
どんだけ酷使してるんだよ俺!!
あーそういや盛岡行ったり遠野行ったり久慈行ったりしたっけなぁ・・


10102903.jpg


そして伸び気味だったチェーンを交換するついでに
スプロケットも交換

10102904.jpg   10102905.jpg

ものは試しと歯数を変えてみた
ドライブを13Tから14Tに、ドリブンを40Tから41Tに・・
つまり気持ち高速寄りにしてみたんだけど
ものすげー非力になったぜ orz
国道455号線の9%勾配を1速じゃないと登れないんだぜ
後で元に戻そう・・・・

あと怪しい中華製の全波整流レギュレーターを手に入れたので
ジェネレーターを全波整流化したんだぜ
発電容量に余裕が出来たので家に転がってたHIDキット取り付けて

10102906.jpg

とてもカブとは思えないライトの明るさ!!!
これで寂しい夜の山道でも大丈夫だぜ!

いや・・まあ燃費は落ちたけどね・・


ぽえたん共々頑張れたかにゃん!
(つか自重しろ自分・・・)

ぽえたぁあああん!!! 3

ぽえ3
※画像は拾い物

さて燃料ポンプ故障の方は、結局ポンプ本体じゃなくハーネスかリレーだったので
適当な配線で暫定修理、そして夏タイヤへの交換も終わり「さあこれから本番だぜ」って所で・・・


事故ですよこんちくしょう
なんか車検通してから故障故障事故と続いているんですが・・・
呪われてるのか?

事故の方はというと、青信号の交差点を直進中に突然対向する車が左折してきて
どっかーん

お互い人的被害が無かったのは幸いでした。

そして相手方はなんと86歳の高齢者ドライバー
「行けると思った」だそうですハイ

うーむ前回の事故と同じパターンだし、今回も過失割合は8:2ですかねぇ・・
自衛隊の時みたいな「部内の制裁」が無いのは良いけどね

そんなわけでみんな気をつけようぜ!

ぽえたぁあああん!!! 2

01
※ 画像はランダム

先日、ぽえたんにてちょっと遠出(30kmくらい)したんですが
なんと出先で突然のエンジン停止!!

車が突然止まる場合、大まかに分けて5つの原因があります

1.タイミングベルトの切断
  タイミングベルトはエンジンの回転にあわせて吸排気弁を作動させる重要なベルトで
  コレが切れるとエンジンは動きません・・

2,電装系(オルタネーター)
  オルタネーターは発電機で昇降距離が長いと内部のブラシが摩耗し
  発電とバッテリーへの充電が出来なくなります。
  エンジンはバッテリーが残ってる分は動きますがバッテリーが空になると止まります。

3.点火系
  エンジン内部で燃料を爆発させる部分で、やはり走行距離で摩耗し
  コレが壊れるとやはりエンジンは動きません

4.燃料系
  主に壊れるのは燃料ポンプです。内部のモーターが消耗品ですので
  ここも走行距離でやがて壊れます。
  コレが壊れると燃料の供給が止まるのでエンジンは動きません。

5.ガス欠
  燃料計はちゃんと見ようぜ

で、ぽえたんの場合はバッテリーや残燃料、セルを回した時の異音等から点火系か燃料系の故障と思い
「吸気側にブレーキクリーナーを吹く」という荒技
(こうするとガソリンが来てなくてもクリーナーが燃焼して一瞬エンジンが掛かる)
でチェックした結果燃料ポンプの破損と断定、友人にお願いして牽引にてもってかえりました・・・orz



まあ手がかかるほど可愛いっていうしね

ぽえたぁあああああぁぁぁん!!!

と言うわけで、岩泉に放置していたぽえたんですが
スペアタイヤだと何とかナットが効くという事が判明し
息も絶え絶えに自走して家に持ってきました。

そんでやっとこさ修理完了しましたとさ・・

ぽえたん1

まずはセンターハブナットをはずします。
やたら堅く締まってるのでジャッキと車重で外しました。

ぽえたん2

見事に折れたハブボルト
みんな愛車の点検はこまめにやろうぜ・・

ぽえたん3

ブレーキキャリパとブレーキローターを外す
キャリパはホースに無理な力が掛からないよう紐でスプリングあたりに引っかけておく

ぽえたん4

次にタイロットを外す
タイロットはタイロットエンドプーラー(ボールジョイントプーラーとも言う)で外すが
そんなもん持って居るはずが無い・・・

ぽえたん5

というわけでギアプーラーで引っこ抜きましたとさ

ぽえたん6

無事に外れたタイロット

ぽえたん7

そしてシャフトを抜くのですが、やはりここも専用工具が必要です
ま、これもギアプーラーで抜きましたが・・


しかしここで問題発生!
この後、ロアアームのジョイントを外さなくてはいけないのですが
狭くてギアプーラーが使えねぇ・・・・

ぽえたん8

結局、タイロットエンドプーラーを買ったのさ・・
この巨大な洗濯ばさみでバコッっと外れる。

ぽえたん10

無事にハブナックルが外れました。
ちなみにスプリングに絡みついてる大量の紐は
スプリングコンプレッサーが無いから紐で無理矢理縮めた為

あとは事前にオクで落としたナックルを取り付けて組み立てるだけ
まあ、組み立ても結構手こずりましたがね

組んだ後に軽く試運転・・・・ なんか段差でガコガコ音がするぜ・・?
点検するとスタビライザーブッシュの組付けを間違ってたぜ orz

とりあえず不具合箇所を直してから釜石まで試運転してみました
特に問題は無いようですハイ・・

ってか・・下回り見るとゴムパーツがあちこち限界っぽかったなぁ・・
うむ頑張れぽえたん!目指すは30万キロだ!!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

黒メイド時計

雨量レーダー/岩手

こころん

カテゴリ

最近のコメント

プロフィール

ち~ちゃん(♂)

Author:ち~ちゃん(♂)

主機関:
常温有機分解炉

主燃料:
すしおんどのトロサーモン

主要装備:
液圧マニピュレーター×2
機械式3次元ジャイロ制御型
液圧駆動2足歩行操向装置×2

巡航速度/最大速度:
3Km/h/10Km/h

能力:

    攻 防 隠
対空 02 10 02
対地 22 09 15
対艦 06 25 06

属性:
ネコミミ・フリル・リボン

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。